忍者ブログ

 

 
鳥取市 米村  

暴力団経営建物解体業者(京都市)
小指がない社長(鳥取市の有名人)の建設会社勤務など。

都会に遊びに行き
公園のベンチに寝る僕のような人間は
行政から人権侵害を被りやすい。
 
人権侵害を被り、不眠などで障害者。
   



誘致企業リコー鳥取工場がと山陰最大の工場鳥取三洋電機が
僕(米村)関連の些細な人権問題を起こした。
僕はリコースキャンダルと命名。

大企業ペコペコの行政が
リコースキャンダルが狭い地元でバレているのに
もみ消し・隠蔽。


◇ ◇ ◇


 
鳥取県がリコースキャンダル
もみ消し・隠蔽を意図。

精神保健福祉法29条を不正利用。
 公文書大量捏造で僕を5か月精神病院監禁。
 
法29条規定で都道府県知事の違法行為。
      
 法学部卒僕は裁判で大量の捏造公文書を入手。

土方仲間など庶民に捏造を見せれば
「警察、弁護士までがデタラメ文書作成なんて怖いな」
 と支持。
 
 
   
   
  
  鳥取県庁は”都道府県知事の責任”の不正を
「お答えできない」と黙秘。

自民党推薦の知事だから安倍晋三事務所に確認依頼。
 やはり「お答えしません」を繰り返し黙秘。
 
電話録音 http://greenvxv.jp/abe2.mp3



人権侵犯事件は法務省人権擁護局が管轄
 
鳥取地方法務局人権擁護課の
 人権擁護委員の先生も「そんな大問題は対応できるはずない」
と見て見ぬ振りで共犯。
   
東京の法務省代表電話番号にかけると
鳥取地方法務局の対応の苦情担当が
「法務省人権擁護局調査救済課」だそうだ。

調査内容の資料を送り電話すると職員は名乗らない。
「課の決まりで名前が言えない」と。

法務省人権擁護局調査救済課 
電話録音http://greenvxv.jp/houmujin2.mp3 
 
〇 
「鳥取の人権擁護課相談員が電話で名前を言わない」
というのが苦情の一つだが
この苦情担当の法務省も責任者名も電話に出ている
職員の名前を聞いても言わないデタラメぶり。
もはや鳥取の人権侵犯を黙認していると解釈。
    
    

鳥取地方法務局人権擁護課は
「問題が大き過ぎて対応できない」。
  
 そこで法務大臣に嘆願。
  
事実確認など簡単な実務は、秘書さんの任務。

       
        
  
 
法務大臣国会事務所に
“鳥取県知事の犯罪”(公文書捏造で5ヵ月措置入院)
の資料を送り
秘書さんに確認と回答を嘆願。
 
でっち上げかどうか簡単に電話で鳥取に確認できる。

法務大臣事務所は
「“鳥取県知事の犯罪”を確認したけど事実無根」
と回答しないと
黙秘では法務大臣が
鳥取県知事の犯罪/人権侵犯事件の隠蔽加担で共犯。



法務大臣事務所の”留守番”と言う

不審な電話録音


法務大臣事務所に電話すると女性が「留守番」と言い、名前を聞いても名乗らない。
秘書さんか、然るべき任務の女性が責任回避。

法務大臣国会事務所、不自然に名前を言わない電話。2019年8月19日) 

電話録音http://greenvxv.jp/hyama.mp3


自民党国会議員400人の事務所に
“留守番”の女性の役職の確認を頼んでいるが返答はない。
 
  自民党が電話録音の件に回答しない
 “弱み”の背後に
 “権力にとって不都合な事実”が隠蔽されている。
 
それは弁護士も共犯の鳥取県知事の犯罪の事実。

 



 弱みの背後=庶民の良識

「鳥取県が、精神保健福祉法29条を悪用し
公文書捏造し5ヵ月精神病院に監禁。
法29条に照らし都道府県知事の責任」
と狭い鳥取市内に数万枚FAX送信するなど
大々的に主張した。

地元庶民は「弁護士までが文書捏造するなんて怖い!」と支持。
 
 
 鳥取県庁は、元気づくり総本部という名札の職員が対応し
「お答えできない」と黙秘。
 
鳥取県知事は自民党推薦だから
自民党関係者に事実確認を頼んでも
回答しない。


安倍事務所「お答えしません」を繰り返す電話
録音http://greenvxv.jp/abe2.mp3
   
立派な先生は、行政組織ぐるみの巨悪を
「対応できない」と言うが
庶民からの吊し上げを恐れ
電話で名前を言おうとしない醜態。

醜態録音され、庶民の笑いもの。

【法務大臣事務所のほか、鳥取創価学会TOPが
ボランティア警備と詐称の哀れ
鳥取創価学会電話録音http://greenvxv.jp/soukax.mp3



 
"行政の犯罪"
リコースキャンダル隠蔽事件
のFAX
http://greenvxv.jp/reiwa2.pdf

狭い世間の鳥取市に大量送信

    
   
   

 
 
 


  

PR
プロフィール
性別:
非公開
カテゴリー
P R
忍者ブログ [PR]